第15回太鼓部OBOG会

平成30年12月1日・2日の二日間、第15回太鼓部OBOG会を開催しました。今年は、40名の卒業生と顧問の先生方にお越しいただき、とても楽しく有意義な2日間となりました。

1日目は、お互いの交流を深めるため、ゲームをしたり、過去の演奏のDVD鑑賞、さらに現役生の演奏も行いました。普段はなかなか見ることのできない過去の演奏に、現役生もOBOGも前のめりになって鑑賞していました。

2日目は、卒業生と現役生が一緒に演奏をしました。OBOG会でしか見ることができないドリームチームでの演奏は圧巻でした。現役生は、より一層太鼓部の伝統を感じることが出来る機会になったと思います。

また、この日は年内最後の部活動だったということもあり、最後にOBOGを含めた太鼓部全員で、毎年恒例の「三本締め」を行いました。来年も良い年になるようにと祈りながら、三本締めをすることが出来ました。

そして、久々に会った同期や先輩、後輩との別れを惜しみ、それぞれ帰途に着きました。
今年も無事に開催することができましたこと、感謝申し上げます。

太鼓部第14回OB・OG会を開催

「久しぶり!」「元気だった?」再会を喜ぶ声が飛び交う中始まった太鼓部第14回OBOG会。35名の卒業生と顧問の先生方にもお越しいただき1月27日から28日の、とても楽しく有意義な二日間となりました。
1日目は皆でゲームをしたり、現役生の演奏を観て和気あいあいとした時間を過ごしました。
2日目には卒業生と現役生が一緒に演奏し、久しぶりに会ったとは思えないほど息のあった演奏ができました。粉雪がちらつく寒さもなんのその、皆の笑顔と鳴り響く太鼓の音で気分は最高潮!OBOG会でしか実現しないドリームチームでの演奏は圧巻でした。
「麗澤瑞浪太鼓部でよかった」そんな想いを胸にそれぞれ帰途につきました。
来年もまた皆さんに会えることを楽しみにして・・・。

幹事 安藤華子

小倉博先生ご定年記念パーティー 兼 卓球部OB会を開催

9月24・25日(土・日)に麗澤瑞浪にて、卓球部を長年みて頂いた小倉先生が今年度で定年を迎えられるということで、OBOGが集まりお祝いをしました。毎年行っているOB会も兼ねて、卒業生約40名が会にかけつけてくれました。小倉先生の奥様にもお越しいただき、24日は集会所でバーベキューを、25日は卒業生、現役生合わせて約70名でのトーナメント大会を行いました。
参加者は、上は35期(37歳)から下は53期(19歳)まで世代は違えど、麗澤瑞浪卓球部で頑張った思いは同じで、卓球部らしいアットホームな会になったと思います。卓球部の卒業生名簿も144名となり、また来年も再来年もみんなが元気に集まってくれることを願っています。
今回の準備にあたって、小倉先生に大変お世話になった39期大野敦、41期三笠晃嗣を中心にみんな忙しい中、協力してくれてありがたかったです。

(神田 和 記)

平成27年度 テニス部OB会を開催しました

11月28日、29日に麗澤瑞浪テニス部OB会が行われました。初日はセンターで宴会をし、次の日にOBと現役が一緒のチームとなり団体戦の試合をしました。たくさんのOBの方々がおこしくださり、とても楽しいOB会とすることができました。
私が今回のOB会で一番感じたことは、テニスというスポーツは、幅広い世代の方同士でも同じコート上で一緒にプレーをし、楽しむことが出来る素晴らしいスポーツであるということです。また、同世代だけでなく、同じように瑞浪の地で汗水たらしてボールを追いかけてきた異なる世代の方々と交流できることで、テニスの技術というよりも同世代では感じられない考え方や経験を感じることができました。このようなことは私にはとても貴重な経験であり、こうした幅広い世代と交流し話し合えるという点もOB会ならではのすばらしさだと感じました。またこの経験を今度は下の世代に伝えていくことで今後よりよいOB会にしていけたらいいと思いました。
麗澤瑞浪テニス部のさらなる活躍を期待するとともに、より多くのOBの方が来年のOB会に参加していただくことを願っております。
49期 秋山和潤

全日本学生女子剣道大会で卒業生が活躍

11月9日全日本学生女子剣道大会(インカレ)が行われました。今年はなんと11名の卒業生が各大学の選手選考を突破し、また各地方予選大会を勝ち抜き全国大会に出場しました。日本の高校の中で断トツの人数です。麗澤瑞浪卒業生同士の対決もありました。
結果、二宮恭子(H24度卒)乗田美紀(H25度卒)の活躍により筑波大学が準優勝しました。また、ベスト8(敢闘賞)には大和田千尋(H22度卒)藤田絢子(H24度卒)のいる茨城大学でした。
決勝はセンターコートで行われそれぞれの選手の出身高校がアナウンスされます。大学剣道会でも『麗澤瑞浪』がブランドとなりました。

創部15周年 太鼓部OB・OG会

太鼓部は平成25年で創部15周年を迎え、今年の太鼓部OB・OG会は15周年の記念演奏会に日程を合わせて行いました。演奏会前日の11月30日から35名が生涯学習センターに集い、顧問の先生を囲んで懐かしい映像や画像を見ながら、15年の歴史を振り返りました。12月1日の演奏会当日、卒業生はスタッフとして受付、会場案内などを行って現役生のサポートをさせていただきました。また、会場には15年のあゆみを写真展示し、太鼓部の歴史をより多くの方々に知っていただく事ができました。例年とは異なる形でのOB・OG会でしたが、卒業生は現役生の演奏する姿を見て頑張っていた頃の自分達を思い出し、現役生は卒業生の築いた実績の上に今の活動があることを実感することができたと思います。
(文責 勝みゆき)

土居先生とともに 弓道部OB会

秋の土佐路で麗澤瑞浪高校弓道部OB会を開催しました。平成25年10月5日全国各地より瑞高8期(弓道部2期)から同16期(同10期)までの34名が弓道部の恩師である土居清彦先生を訪ねて高知県に集まりました。
先生は現在、日本防災士会の高知県支部支部長として災害予防や救護方法、被災後の対処法などの指導やAEDの普及活動などを行っておられます。瑞浪時代と全くお変わりなく活発な活動に50代、60代になったOB・OG達には良い刺激になりました。同じ目標に向かって一緒に弓を引いた先輩や後輩との思い出話やクラブが立ち上がった時の逸話など、会ったことのない方達にも会える縦の繋がりのOB会は新鮮に感じました。
当日は台風の影響で時折雨が激しく降り、桂浜などの観光はできませんでしたが、翌日には回復し、良い天気の下、日曜市や高知城を散策し激しい雨も強い日差しも高知らしく、県のキャッチフレーズに『わざわざ行こう志国高知へ』とあり、何か理由でもない限りなかなか行く機会のない高知県の食や文化を満喫しました。
同級生に運営を手伝って貰い、久しぶりに開催されたOB会が無事終了できた事に感謝申し上げます。次回は瑞浪15期(弓道部9期)の山田直紀さんが幹事として計画してくれます。弓道部OB・OGの方達は楽しみにしていて下さい。
(14期 森岡光昭・記)

H25年 卓球部OB会報告

9月26・27日に麗澤瑞浪にて卓球部OB会を行いました。年1回、この時期に行っており、今年は12名のOB・OGが参加してくれました。26日(土)は皆で会食をし、楽しいひと時を過ごしました。27日(日)はOB・現役を交えての交流戦を行いました。結果は、伊藤彰浩(瑞50期)が優勝、太田芳裕(瑞48期)が準優勝でした。
今回は大学生が中心の参加でしたが、社会人の皆さんも来年は是非来てください。来年の幹事は河村大輔(瑞50期)と細川明日香(瑞50期)です。
(幹事 神田)

剣道国体優勝祝賀会OB会

平成24年2月9日(土)に、名古屋錦のストックコートで、剣道部OB会を開催しました。今年は秋の国民体育大会を麗澤瑞浪高校の選手が単独チームで優勝したということで「日本一祝賀会」として開催しました。31名が集まり、盛大なOB会となりました。「国体優勝までの軌跡」と題して、試合の一部をビデオで振り返ったり、恒例のビンゴ大会で盛り上がりました。
来年は「インターハイ、全国選抜大会の日本一祝賀会」で、お会いできることを期待しています。     (佐藤・記)

H24年度 卓球部OB会

10月6、7日に麗澤瑞浪中学・高等学校において卓球部OB会を開催しました。OB、OG合わせて17名が集まりました。最年長は41期の三笠君でした。6日の晩はセンターで食事をし、7日は現役生と試合を行いました。皆の元気な姿や麗澤瑞浪を卒業して活躍している話を聞いて元気をもらいます。毎年、遠方から集まってくれて本当に感謝しています。健康には充分気をつけて、それぞれのフィールドで頑張ってください。来年も楽しみにしています。
(卓球部顧問 神田)